FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

福永祭り





とりあえず今週一番の大きなニュースといえば

レーヴディソール故障!



桜花賞へ向けて調教中に右トウ骨遠位端骨折を発症したみたいで

6ヶ月以上の休養が必要。




ん~~~~~~~






チューリップ賞の圧勝で本番の桜花賞でも

1倍台は確実だった大本命の離脱・・・・痛すぎる。





元々この一族は脚元が丈夫な方じゃないからねぇ。


一応骨折箇所的には完治すれば競争能力に影響なさそうなんだけど、

この一族はさらに早熟っていう面もあるのでどうだろ。





これで一気に牝馬クラシックは大混戦。

来週は荒れるぜー。







で、今週は4つの重賞がオール阪神開催。


土日に共に11R、12Rが重賞になりました。



まずは土曜日の日経賞



ここにはローズキングダム、ビッグウィーク、ペルーサ

昨年のクラシックを賑わせた3頭と、

成長著しいトゥザグローリーが出走。




結果はというとトゥザグローリーの圧勝


確かにトゥザグローリーの方がローズキングダムやビッグウィークより

1キロ斤量は軽かったんだけど、

それにしても直線で後続が迫ってくるのを待って追い出すという

まったくもって余裕のレースで圧勝。



これで天皇賞・春は大本命になるかな。




キングカメハメハとトゥザヴィクトリーって

両親とも現役時代まったく3200mなんてイメージないんだけど。


折り合える安定感があるから距離は大丈夫かな。




惨敗したビッグウィークはともかく

2着ペルーサにしても3着ローズキングダムにしても

それほど悪いレースをした訳ではないので

本番でも楽しみ。ペルーサはどこ使うかわかんないけど。






続いて土曜日の12Rは中山牝馬S@阪神競馬場


日経賞は高いレベルでの混戦だったんだけど、

こちらは微妙な感じの混戦。



一応ワイルドラズベリー、ヒカルアマランサスあたりが人気だったけど

2頭とも5倍近い人気で、

ヒカルアマランサスにいたってはマイナス22キロの馬体重と

飛ぶ要素満載。




レースはというと速いペースで進んだ為に先行馬が総崩れの展開。




そんななか一気に差しきったのは阪神得意のレディアルバローザ


騎乗していたのはトゥザグローリーで日経賞を勝った福永祐一

なんと1日で2つ重賞勝ち。



さらに言えばトゥザグローリーもレディアルバローザも2月まで

池江泰郎厩舎にいた馬・・・・改めて池江パパ厩舎の凄さを実感。





続いて本日の11Rは大阪杯


本来こちらが関西の天皇賞・春へのステップレース。




こちらにも昨年の牡馬クラシックを騒がせた

エイシンフラッシュ、ダノンシャンティ、ヒルノダムールが出走。


さらに古豪のドリームジャーニー、キャプテントゥーレもいる

なかなかの好メンバー。




レースはキャプテントゥーレがハイペースで逃げる展開。


直線でスッとスパートを掛けたのを見てそのまま逃げ切るかと思ったら

さすがにハイペースで逃げた分だけタレた。



そこを一気に襲い掛かってきたのはヒルノダムール


最後はダークシャドウ、エイシンフラッシュ、ダノンシャンティが襲い掛かるも

なんとか凌ぎきって重賞初制覇!



ずっと重賞で安定した成績残してるから初制覇ってのはちょっと意外だったな。




勝ったヒルノダムールはもちろん凄いんだけど、

8番人気のダークシャドウが豪快に差してきた時

「まさかまたユーイチ!?」って思ったのはおいらだけじゃないはず。





それにしても

4歳牡馬強っ!!




日経賞でも1着~3着まで独占

大阪杯は1着~4着まで独占



世代最強馬のヴィクトワールピサがいなくてこの状態だもんね。



今年の古馬中長距離路線は凄く盛り上がりそう♪







で、最後はダービー卿CT



こちらはイマイチパッとしない面子。



で、勝ったのは逃げたブリッツェン



・・・です。


2着・・・・きましたユーイチ騎乗のライブコンサート




なんなのこのフィーバーは!?

今週4つの重賞でのユーイチの成績は1着2回 2着2回

しかも負けた2回ともハナ差というわずかな敗戦。




走ればまず負けないと思われてたレーヴディソールで桜花賞に

いけなくなったからその憂さ晴らしかな。




レーヴディソールがいないとしても

一応ユーイチの騎乗する馬にはこっそりぐらい

付けときましょう。






スポンサーサイト

2011年04月03日 競馬:レース回顧 トラックバック:0 コメント:2

 圧倒的人気の馬での勝負でなかったのが、また今回勢いのユーイチ騎手でしたね。

 それと、4歳牡馬。
あいつだけじゃないぞ!!という意気込みがあってシャボンティ諸島に集合って感じです・・・

2011年04月03日 拓 URL 編集

拓さん>
そうなんですよね~ 人気馬だけ持ってきても
それは普通なんで、人気薄でも持ってくるのが
ノリにノリまくってる証拠でしょうね~
昔の豊にはそれがあったのに最近は・・・。
シャボンティ諸島に集合・・・・
眉毛のグルグルも反対になっちゃいます。

2011年04月04日 管理人らいと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。