FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ブリダーズC






こないだ買ったPSPなんですが・・・・






ほとんど使ってねー。





12月に発売するモンスターハンター3をやる為に買った訳ですが、

予約ができねー。



そんなに人気あるのね・・・舐めてたよ。










と、ひとボヤキしたところで競馬。




今日は色々あるので簡単にいきます。




簡単にといいながら、

ちょっといい話しを競馬BEATでやってたのでご紹介しときます。



菊花賞を勝った川田騎手の話し。


彼はレースに勝ってもほとんどガッツポーズをしないらしいんです。

何故かと言うと彼は「馬を追う」のが得意で

普段レース中に馬にかなり負担をかけているので

レースが終わってからも鞍上でガッツポーズをして

さらに馬に負担を掛けたくない。

ガッツポーズは馬から降りてからすればいいと。




なんだいいヤツじゃないか。



おいら正直川田の騎乗って好きじゃないんですよね。

強引なレース運びで直線も無理やりな追い方してるから。

そんなに上手いとも思わないし。


でも菊花賞の勝利ジョッキーインタビューでも

勝った喜びよりもスプリンターズSでの降着で

迷惑掛けた事への謝罪をしてたように

なかなか出来た子なんだなと。





オークスで降着にこそならなかったものの

自身が騎乗停止になるぐらいのラフプレーをしながら

勝ったのにアホみたいにガッツポーズしてた

どっかのデコと大違いだな。





こっそり川田を応援してやります。(上から)






さて、レース。


まずは昨日のファンタジーS


勝ったのは4番人気のマルモセーラ

直前伸びない1番人気ケイティーズジェム、2番人気マイネイザベルを尻目に

早めに先頭に立つと追いこんでくる馬を抑えての勝利!


このファンタジーSは牝馬の出世レースなんだけど

今年はこれに勝ったからといって世代の主役にって感じじゃないなー。





続いて日曜日のアルゼンチン共和国杯


ご存知「秋の黄昏長距離レース」なんですが、

勝ったのは1番人気でトップハンデのトーセンジョーダン


元々2歳時から3連勝してクラシックの期待の高かった馬だけど

4歳になって再び3連勝で重賞初勝利を挙げて軌道にのってきた感じ。

今日なんか完全な横綱相撲だったし

これは今後も期待できるんじゃないかな。


過去のアルゼンチン共和国杯勝ち馬は相当ショボいけど。




続いてみやこS




何そのレース?





何人か突っ込んだと思うけど(おいら含)、

去年までのトパーズSが重賞になったのね。

あえて名前変える必要はなかったと思うけど。




で、勝ったのは2番人気のトランセンド


スイスイと逃げて、直線で猛追してきた1番人気キングスエンブレムを

振り切って重賞初制覇。



この馬は展開次第ではJCDでも楽しみな馬。

2着だったキングスエンブレムも負けたとはいえ

レース内容は悲観するようなものじゃなかったので

ダート界の超良血がそろそろ開花してきたかな。






と、国内のレースはここまでで、

これからはアメリカで行われたブリダーズカップ



まずはBCフィリー&メアターフ


ここには日本からレッドディザイアが出走。

4コーナーで外から伸びそうな感じだったけど伸びきれず4着



勝ったのはアメリカのShared Account(シェアードアカウント)


この馬は「強い!」って馬でもなくて

GⅠ勝ちはなく2着が3回ある程度の中級馬。



強い馬が勝つのではなくて、勝った馬が強いのです。





続いてBCマイル


日本馬が出走した訳ではないんだけど

やっぱりこのレースの勝ち馬は紹介しとかないと。



勝ったのはフランスの牝馬Goldikova(ゴルディコヴァ)


なんとこのレースは3連覇!



強い、強すぎる。



過去にこのレースを連覇した馬は2頭いるんだけど、3連覇はいない。


その2頭のうち1頭が名種牡馬キングマンボの母ミエスク。


ミエスクは1980年代の馬でBCマイル2連覇の他に

英、仏のマイルGⅠを勝ちまくった史上最強のマイラーと名高い名牝。



超えたんじゃない?



そんなゴルディコヴァが3歳時に得意のマイルでも

まったく歯が立たなかったのが3歳牝馬で凱旋門賞を勝ったザルカヴァ。




この2頭のレースを見れた事を将来お孫さんに自慢しましょう。







最後にメインレースのBCクラシック


このレースには日本からエスポワールシチーが出走

・・・したんだけど正直オマケみたいなもん。

3番手につける積極的なレースだったけど結果は10着




このレースで一番注目を集めていたのはZenyatta(ゼニャッタ)


この馬も牝馬なんだけど成績がすさまじく

ここまで19戦無敗。

しかもBCは08年にレディーズクラシックを制覇。

そして昨年09年は牡馬も出走するクラシックを制覇。



レースっぷりもすさまじく

牝馬ながらに540キロを超える巨体で

スタートは出遅れ気味に道中は最後方から進み

直線で豪快に追い込んで勝つレース。



追い込み馬と言う事で、あのディープインパクトですら

取りこぼしがあったのにこの馬は無敗だもんなぁ。




で、レースなんだけどこの日も最後方から進み

直線で豪快に追い込んできて前を捉えた!

と、思ったんだけどBlame(ブレイム)がクビだけ残ってた。



負けはしちゃったけどこの馬の価値が下がる訳じゃない。



この馬のレースを見れた事を将来お孫さんに(ry







いや~、競馬って本当にいいもんですねぇ~♪









スポンサーサイト

2010年11月07日 競馬:レース回顧 トラックバック:0 コメント:5

えー!?
モンハン、予約も出来ないんですか!?

子供のおこづかいが貯まったって言って
予約しに行こうとしてたんですょ・・・

ま、子供のなんでいいんですけどw

2010年11月08日 マユ子 URL 編集

川田は親が地方出身だからか追い方が豪快ですよね。
人柄とか嫌いじゃないんですけど、馬券的相性が和田、幸に次いで悪いのが…w

ゼニヤッタのBCはライブで見てましたけど直前の緊張感がすごかった。
スタート直後はキャンターに近いのにダートでもあれだけの競馬。
最後の最後で取りこぼしたのは残念ですけど
間違いなく今年こそ年度代表馬ですね。
近年の欧米日の最強牝馬達を見れたのは
間違いなく後世に語り継ぐべき自慢だと思いますね。
孫?何それなのは置いといてw

2010年11月08日 たか URL 編集

マユ子さん>
なんか予約が多すぎて初回販売数を超えちゃったのか
予約できなくなってました(ノ△・。)
そちらで予約できたら僕のもしてください(笑)

たかさん>
確かに無駄に動きまわってていかにも地方って
感じの追い方ですね~~
川田は・・・ごめん、顔が苦手(笑)
ゼニャッタは追い込みの聞きにくい
アメリカのダートで確実に追い込んでくるなんて
他の馬とレベルが3段階ぐらい違うんでしょうね。
孫の代ってのは・・・
ほら、今マンノウォーやらサイテーションは
自分のおじいちゃんの代ぐらいの話しでしょ(笑)
こんな馬がいてなぁ~って語られたら
夢中で聞いちゃいます(笑)

2010年11月08日 管理人らいと URL 編集

孫の代まで今のように競馬が続いているといいなぁ・・・と思うぐらい、天皇賞秋はG1にしてはそれほど混んでいなかったです。

孫に自慢できるような競馬好きに育てないと(笑)

2010年11月09日 YOU-PAPA URL 編集

YOU-PAPAさん>
確かに・・・まず孫を競馬好きに育てないと
だめですね~~
いくらお爺ちゃんが「セントライトはいい馬だった!」とか
言ってても競馬好きじゃなきゃ
どーでもいい話しですしね(笑)

2010年11月10日 管理人らいと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。