FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

オグリキャップ逝く





種牡馬を引退して優駿スタリオンステーションで

余生を送っていた名馬オグリキャップが脚部を骨折して

3日に死亡しました。





おいらにとってのオグリキャップは青春そのものでしたね。



おいらが競馬を始めたのが1988年の日本ダービー。


勝ち馬はサクラチヨノオー

1番人気がサッカーボーイ



でもみんなが噂していた。

「あの馬が出走していたらきっと勝ってた。」



その馬こそオグリキャップ。



地方競馬である笠松競馬で

当時笠松に所属していたアンカツを背に

8連勝で中央に移籍して

ペガサスS(現アーリントンC)

毎日杯

京都4歳特別(今でいうと京都新聞杯)

を軽くぶっちぎる。




しかしクラシック登録がなかった為に

皐月賞、ダービーの出走叶わず。



その後も連勝は止まらずに

当時残念ダービーといわれたニュージーランドT

古馬相手の高松宮記念、毎日王冠と勝ち

ここまで中央の重賞6連勝。



ここで待ち受けるは重賞5連勝中のタマモクロス



伝説のあし毛対決




結果は

天皇賞・秋    タマモクロス1着 オグリキャップ2着

ジャパンカップ  タマモクロス2着 オグリキャップ3着(1着ペイザバトラー)

有馬記念     オグリキャップ1着 タマモクロス2着





翌年は秋まで休養して毎日王冠でイナリワンを撃破。




2度目の天皇賞・秋で待ち構えていたのは

スーパークリークと騎乗するデビュー3年目の武豊


大本命で2着に敗れると

続くマイルCSでは武豊騎乗のバンブーメモリーに対して

絶望的な位置からの差し切り勝ち。


南井号泣。



次に出走したレースはなんと連闘でジャパンカップ


惜しくもホーリックスの2着だったけど

自身も当時の世界記録である2分22秒2で激走。




6歳は安田記念を皐月賞馬ヤエノムテキを寄せ付けずにレコード勝ちするも

宝塚記念2着、天皇賞・秋6着、ジャパンカップ11着と


もう終わったな・・・と誰もが思ったところに

伝説の有馬記念。




鞍上に安田記念以来の武豊を迎えるも4番人気止まり。




4コーナーを回って直線を向くと

往年の力が蘇ったかのように力強く伸びて1着!




中山競馬場はオグリコールで包まれました。





おいら当時は高校生で

この有馬記念はテレビで見ることができずに

名古屋駅のホームでラジオで聞いていて

鳥肌が立ったのを覚えてます。





残念ながら種牡馬としては活躍する事はできませんでしたが

日本中を巻き込んだ競馬ブームを生み出したのは

オグリキャップでした。





安らかに眠ってください。



オグリキャップ

32戦22勝(中央20戦12勝)
GⅠ 有馬記念2勝 安田記念 マイルCS
GⅡ 毎日王冠2勝 ニュージランドT 高松宮記念
GⅢ ペガサスS 毎日杯 京都4歳特別



スポンサーサイト

2010年07月03日 競馬 トラックバック:0 コメント:10

いわゆる最強世代において最も劇的な存在だったオグリ。
リアルタイムでレースは見たことないですが、
個人的に一番好きなレースはマイルCSのイン強襲です。
豊はアレでマイルCSを勝てなくなったと言われてますね。

血統的にはマイラーなのにJC、有馬で良績を誇るのはまさに怪物。
合掌。

2010年07月04日 たか URL 編集

地方から来たパッとしない血統の馬が、中央のエリートをなぎ倒していったところに酔いしれたファン多かったと思います。
ゲートに入る前の武者震い、地を這うようなタフな走り方。
決して洗練された姿であはりませんが、あれがたまらなく好きでしたね。
途中で馬主が変わったるスキャンダルもありましたが、馬自身は“一生懸命”“必死”という言葉がぴったりなひたむきな馬でした。
合掌

2010年07月04日 春花 URL 編集

たかさん>
そうなんですよね~ オグリキャップの何が凄いかって
完全なマイラーなんですよね。
なのに鞍上の言う事を聞く素直な性格と
類まれなる闘争心で距離もこなしちゃったんですよね。
笠松で走ってたぐらいだからダートも
軽くこなしたでしょうし。
惜しむべきは同世代のもう1頭の最強マイラーだった
サッカーボーイとのマイルでの対決がなかったことですね。

春花さん>
オグリキャップはほんと今見ても凄い馬ですよね。
ミスターシービー、シンボリルドルフ、ディープインパクトと
もっと凄い成績を残してる馬もいますが
パーソロンやトウショウボーイ、サンデーと
血統的にも走って当然って感じですしね。
その点オグリキャップは血統的には
2流の上にダート短距離しか走らなさそうでしたし。
芝、ダート、マイル戦から有馬記念まで
タケシバオーみたいにオールマイティーに
こなしてましたしね!

2010年07月04日 管理人らいと URL 編集

オグリキャップがいなければ昨今の競馬ブームもなく、オレも競馬を始めていなかったかも知れません。
リアルタイムで見てたひとが羨ましいなあ。
平成を代表する名馬として、永遠に語り継がれて行くでしょう。合掌。

2010年07月04日 ルソー URL 編集

僕もほとんど同じような競馬歴をたどっています。
だから、時間軸を追ってオグリキャップを振り返っているのを
読んでいたら当時の事がよみがえってくるようでした。
オグリキャップを中心に競馬が回っていました。
休養に入れば待ち遠しく
レースが終われば次のレースはどのレースだろう。
でも予想はなぜか打倒オグリでした。
だから最後の有馬はオグリは“こんなんじゃない”って
単勝馬券で応援していました。

昨日このブログを読み
今日笠松競馬場まで献花に行って手を合わせてきました。
オグリの銅像の前に献花台と記帳台があり
数人のひとが献花に来ていました。

北海道の方にも行く機会をつくりたいと思っています。
いい文章をありがとうございます。

2010年07月04日 yamaken URL 編集

ルソー君>
確かにオグリキャップがいたからこそ
今の競馬人気があると思うし、
オグリキャップがいなかったら
いまなお販売され続けてるぬいぐるみは
なかったね~
おいらはリアルタイムでオグリの活躍を見てたけど
実際に生観戦した事はなかったんで
一度は見てみたかったです。。

yamakenさん>
コメントありがとうございます。
同年代ぐらいの人はオグリきっかけで
競馬始めた人多いですね~~
タマモクロスから始まってオグリキャップ、
ホワイトストーンはともかくとして、
メジロマックイーン、ビワハヤヒデと続く
芦毛馬の強い時代でしたね。
笠松競馬に行かれたんですね!
おいらも時間があればオグリ像に
手を合わせに行って来ます。

2010年07月04日 管理人らいと URL 編集

5月に初めてお目にかかって感動して
写メまでしてきたのに
びっくりしました。

2010年07月06日 マユ子 URL 編集

マユ子さん>
お~ オグリ見に行ったんですね~~
生前の姿をみれたなんて幸せですね!

2010年07月06日 管理人らいと URL 編集

友人に「凄いのがいるから見に行こう」と誘われて行ったニュージーランドT。そこで圧勝のオグリキャップに魅せられて競馬大好きになりました。安らかに。

2010年07月17日 ゑぞ URL 編集

ゑぞさん>
関西だけだったオグリの評価を全国区にした
伝説のニュージーランドT行ったんすね~
おいらはオグリのレースは生で見たことないので
羨ましいです。。

2010年07月18日 管理人らいと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。